スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26話 キラキラ☆プール<後編>

○ついに後輩・Qちゃんに敗れてしまった渡瀬めぐる。水泳を失った彼女が向かう先は…


-----------------------------------------------------------

今更になってしまいますが、先週のジャンプの考察。
更新する時間はあったんですが、PC環境その他がうまく整っていなくて、
更新できませんでした。ここのページまで足を運んで下さった方には
本当、申し訳ないです。

26話は武めぐの話。
何も考察しないのはもったいなさすぎるので、今更になりますが、
書かせていただきたいと思います。



-----------------------------------------------------------

もはや水泳を完全に辞めてしまった?めぐる。

<2ページめより>




友人に意見を求めますが…


<3ページめより>




返ってくる答えは当然(?)その大きな胸。
「人生変えられるレベル」と夕のコメント。

オタク業界に精通している彼女が言うのだから、間違いないでしょう。





でも、彼女にとって、胸は最大のコンプレックス。
その大きな胸のせいで、水泳人生にピリオドを打ってしまったのも事実。



それでも、よっぽど水泳から離れたかったのでしょうか?



「バストアップキャンペーン」なるものを開始します。

<4ページめより>






胸を強調し始めためぐる。
今まで、隠していたものを世間に晒すその行為。



男性諸君にとって、これほどまでに萌える行動はそんなに多くないかと。




めぐるを復帰させようと画策していた水泳部の先輩たちも、
今まで隠れていた胸の本当の姿を見て、動揺しています





動揺していた先輩に代わって出てきたのは、Qちゃん。


<7ページめより>



しかし、Qちゃんの説得も失敗。
(※Qちゃんはロリ系ツンデレ?)

めぐるはQちゃんを服屋に拉致


ところで、めぐるちゃんは服を買うときも、結構大変みたいで…



<9ページめより>




胸が大きすぎて服が着れない。





世の男性諸君(の一部)は、このシチュエーションも
萌えポイントにしてしまうのですよ。


女性にとっては迷惑甚だしい?話だと思いますが。



ところで、Qちゃんはというと…

<9ページめより>



ゴスロリ。
河下先生は、ロリキャラにゴスロリ服を着せるのが好きなのでしょうか、
いちご100%にも、唯がゴスロリ服を着ているイラストが何枚かあります。
(私の記憶によれば、5巻カバーと19巻のあとがき、他にもあったかも)

Qちゃんはロリキャラのポジションを確立したと言ってよいでしょう。


またもやめぐる先輩に遊ばれているQちゃんですが、
ついに名言が飛び出します。

<10ページめより>




<11ページめより>



指差した先にあるのはスイミングセンター。

確かに、感動的なシーンなんだけど。


「先輩がおっぱい出すべき所はあそこでしょーっ!?」


強烈な一言だ!
まず、字面が強烈すぎ。

なんて強烈なんだ!!!!!!

感動と興奮を同時に与えた、大名言。
あるいは、涙と笑いを同時に誘う名台詞。

そして、韻も踏んでいる。



今回のMVPはこの一言で決まり?


-----------------------------------------------------------
結局、武居に引っ張られながら水泳場に連れてこられためぐる。
いきなりプールに投げ落とされて…


<13ページめより>




何も言わず、競泳開始。


ブランクのあいためぐるにとって、体が重い。

悔しい…



今まで、口を開くことのなかった武居は問う。

「なんでオマエは水泳を辞めた?」と。


ついに、めぐるはその理由を告白。

<16ページめより>




「そんなものは気にするな」と、武居。

何も意味を成していないような一言ですが、
そう、めぐるにとって、武居先輩の一言はとても重い。



この一言が、めぐる復帰にとって、一番必要なものだったに違いない。




違いないのだが、








武居、余計な一言。


<18ページめより>




余計すぎるよ!!!!!
しかし、あまりにも悪気ない一言なので、
たぶん、この言葉は字面どおりに解釈してよいかと…


さきほど、Qちゃんのおっぱい発言がMVPかと思いましたが、
こっちのほうが数段破壊力も上。


水泳部って、どうしてこうも爆弾発言ばっかり飛び出すのだろう…
きっと、キャラがうまくできているからこそでしょう。





-----------------------------------------------------------
おまけ


<14ページめより>



不謹慎ですが、胸が重い?と聞いてしまいたくなるシーン。





-----------------------------------------------------------
第27話の更新は、次週、まとめて更新という形になるかと思います。

27話だけだと、どうにも考察が加えられない…


掲載順位が危険な状態ですが、何とか頑張ってもらいたいです。

テーマ:初恋限定。 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

更新お疲れ様でした。
書きたいのに時間が取れないというのはなかなかもどかしいものですよね。
あとやっぱりどうしてもピックアップしたい場所ってかぶりますよね。
なんちゃらさんのブログ見てて既視感感じまくり。


27話と28話のまとめ考察期待しています。
石田衣良の「4TEEN」のラストとみたいな展開だったらどうしようかなって感じですが。

コメント、ありがとうございます。
確かに、私も更新終わった後にそちらのサイトを拝見しましたが、
結構ネタがかぶってましたね。
今回は、他の方のサイトを読む暇もとれなかったのですが…

うわああああああ連載が終わりそうだァァァァァァ
河下先生頑張ってくださァァァァァァァァァァァァァイ

コメントありがとうございます。
本当にがんばってもらいたいものです。

どうも初めまして。注さんところからROMさせて頂いておりました、
頭にバカが付く河下信者のシーカーと申します。

さて、私の記憶が確かならば、唯がゴスロリ服を着ているのは19巻だけだと思います。
5巻にあるのは表紙にあるワンピース、ギャル浴衣、サンタコス、クリスマスのフード付コートだったかと。
恐らく9巻没扉絵と間違われてるのでは?
しかし、あれも厳密にはメイド服であってゴスロリではありません。
ゴスロリには退廃的でダークな要素が欠かせません。
(これはPEACH-PIT先生の受け売りですが。)

失礼、細かい所がちょっと気になるのが私の悪い癖でして。
これからよろしくお願いします。

ご指摘ありがとうございます。

>恐らく9巻没扉絵と間違われてるのでは?
まさにそのとおりでした。手元に資料がないので、記憶だけで書いていたので、収録された巻を勘違いしておりました。

>しかし、あれも厳密にはメイド服であってゴスロリではありません。
>ゴスロリには退廃的でダークな要素が欠かせません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF
Wikipediaによると、定義が乱立している上に複雑な事情があるようですね…私が文中で用いた定義は3.が一番近いかもしれませんが、(知らず知らずのうちとはいえ)多少蔑視的用法となっていたかもしれません。申し訳ありません。勉強します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichigonanchara.blog121.fc2.com/tb.php/46-4196d42e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

お知らせとか

『あねどきっ』合同誌

各イベントにて頒布中!

非公式Twitter(@kanna_huha)

ブログ管理人の非公式さえずり

プロフィール

神無文葉月@ただひたすら。

Author:神無文葉月@ただひたすら。
作品に感想・考察を加えているサイト。
(同人活動の参考にするため?)

リンク、TB、どうぞご自由に。
リンクされたサイトに逆リンクを貼ることが
あるかも?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンクのページ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。