スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【公開記事執筆】GマルえでぃしょんSQLab

私も失念していたのですが、
SQ.LabにGマルえでぃしょんが掲載されていました。


しかし!今回の話では、あるとが出ていない!


紙屋先生とマンガ家を目指す「墨田太一」のお話です。


ちなみに、現在河下ナイト開催中で、
公開でこのブログ記事を書いているのですが、
後ろのほうで偉大な方々が様々なコメントを出し、ときにヤジられながら(笑)
記述しています。


---

男性キャラしか出ていないという点で、
実は河下名義で初かも? という話で盛り上がっています。
実の男・太一が男の娘。紙屋先生のもとにアシスタントに赴きました。



早速、紙屋先生のかわいさに惹かれる太一…。

しかし、紙屋先生は娘であってもやっぱり男。
Gマルが道具で紙屋先生のハダカを目の前に…。



紙屋先生がすっぱだか!


そして言い寄ってくる?紙屋先生に、
太一は思うのでした。
「いや ダメだ! 俺ひとりっ子だし 子孫は残さねばっっ」



子孫を残せない禁断の愛。
それが男の娘。

いや、そこじゃないだろ!とツッコミ。


その葛藤を持ちながら、アシスタントをする太一ですが、


紙屋先生にはもう一面の人格があることを
河下マニアの皆さんはご存知ですよね?



マンガに対する愛。
この厳しいマンガ界において、戦い抜くための
厳しき愛。



時にムチ、時にアメを



ついにやめたくなる太一ですが、(ここまではベタ展開)
ここで太一はインクをこぼすミスを起こしました。

実にベタ。(インクだけに。)


ムリをする紙屋先生と、逃げ出そうとしたことを撤回した太一の間に、
師弟愛とも同性愛とも思える愛が芽生え…。



唇の距離が推定3センチ



(物語的説明を省いて書くと)Gマルがさらにその距離を近づけようとします。

道具「王子様クラウン」を取り出し、これをかぶってチューすると
体力を分け与えられると力説するGマル。


友情を表現するに実にベタな表現。

ただし文脈を無視した場合に限る。

男×男の娘 ってのはおかしいだろ!!!!






そして、今までのアシスタントは
みんな襲っていたらしいという 紙屋先生の爆弾発言が…。





そんなわたくし管理人の、今回の話の感想はひとつ。


紙屋先生、あなた、なに者!?



コメント

G丸は紙屋先生の所に何をしに来てるんだ。
手伝っている様子もないし。

あと、墨田ェ…発情すんなよキメェ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichigonanchara.blog121.fc2.com/tb.php/262-88c1019b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

お知らせとか

『あねどきっ』合同誌

各イベントにて頒布中!

非公式Twitter(@kanna_huha)

ブログ管理人の非公式さえずり

プロフィール

神無文葉月@ただひたすら。

Author:神無文葉月@ただひたすら。
作品に感想・考察を加えているサイト。
(同人活動の参考にするため?)

リンク、TB、どうぞご自由に。
リンクされたサイトに逆リンクを貼ることが
あるかも?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンクのページ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。