スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あねどきっ 最終話 この気持ちさえ

いよいよ終わってしまいました…
私としては、結局なつきの内面については理解できずじまい…
逆に、最終話を読んで、なおさら混乱する一方なのですが、
みなさんいかがでしょう? 前回の展開的に、なつきが何らかの進展的反応を
見せるのだと思っていたのですが、

悪くもよくも、まったくそんな様子はないです。

<2ページめ>


<3ページめ>


ごめんなさい。

私が読んだ感想としては、
今この記事を書いている現在でも混乱しているぐらい、
このなつきの反応は理解し辛いものでした。

丸1日考えても、
いくら考えても解釈を与えることができません。
(まだ他のサイトさんは覗いていませんが、
何か参考になることが書いてあるといいなぁ)



---
と、ここまで書いていて、やっぱり自分だけの解釈では感想が書けそうにないんで
もう少し後から更新とさせてください。

他の人の感想は極力読まずに、
自分で読んだありのままの感想を書く

がここの方針だったのですが、

どうしても、今回ばかりは感想を書けないんです。

---

今回は、
全く本筋とは関係ない指摘だけしておきます。




この駅、どこの駅がモデルなのか
確信をもってわかるのですが。

<8ページめ>


5番線から発車する電車はほとんどないですよ!
(始発・終着用のホームのため)

テーマ:あねどきっ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

初めまして、あねどきっ終わってしまいましたね…好きだったので残念です。
たしかに色々謎のまま終わってしまったことなどありましたが個人的にいい最終回だったと思います。
そういえば電車から飛び出した洸太捜すために親父がなつきの携帯に電話してましたが一応引っ越したあとでも電話で洸太がなつきと話すことくらいできるってことなのかな?。

初めまして毎回楽しく読んでいましたすごく残念です><
読み終わったとき心がジーンときました
それほど好きだったのかもしれません。
洸太はケータイをもっているので引っ越しても話すくらいならできたと思います。洸太がケータイをもっていることは最終話で初めて知りました

確かにちょっと駆け足っぽい感じはしましたね。
なつきは少しはこーちゃんに惹かれつつあったのかなと思います。
奏とのことを聞く時の不安げな感じとか携帯のこーちゃんとのプリクラが貼ってあったりとか。
そう考えないと救われないですしね。単行本で数年後の加筆をしてほしいなぁ

「あねどきっ」番外編~札幌物語~

春、夏、秋は登場したのに冬の萩原家の女の子だけ、まだ出ていない点。

こーちゃんが冬を連想させる北海道の札幌に引っ越した点。

再びめぐり会う――――――――その日を信じて!!
と言う締め方を見ると河下先生も御忙しくスケジュール通り中々いかない中、最終話を上手にまとめたなぁ~と思いつつも。。。

次回作にご期待下さい!!とも書かれているし

「あねどきっ」番外編~札幌物語~を心待ちにしてしまう今日この頃です。

「あねどきっ」番外編~札幌物語~

春、夏、秋は登場したのに冬の萩原家の女の子だけ、まだ出ていない点。

こーちゃんが冬を連想させる北海道の札幌に引っ越した点。

再びめぐり会う――――――――その日を信じて!!
と言う締め方を見ると河下先生も御忙しくスケジュール通り中々いかない中、最終話を上手にまとめたなぁ~と思いつつも。。。

次回作にご期待下さい!!とも書かれているし

「あねどきっ」番外編~札幌物語~を心待ちにしてしまう今日この頃です。

「あねどきっ」

連続コメントのミス、失礼しました。

補足ですが、なつきちゃんの内心は過去の第19話での

「もう4年遅く生まれてくればよかったなあ―――」

「そうしたら毎日 今みたいに同じ教室にいられるのにな…」
と言う彼女の切ない顔。

最終話の

「こーちゃんがもっと大きくなって…」

「その気持ち変わらなかったら またさっきのセリフ聞かせて!」

と言うセリフと、なつきちゃん自らキスをした様子を見る限り、こーちゃんは好きだけど恋人にするには…まだ早い幼い歳。
大きくなったら4つ年は離れてるけど恋愛しても良いかな。
今はまだ罪な年だもん。

と言う感じに自分なりに最終話のなつきちゃんの気持ちを解釈してみました。

長文、失礼しました。


…残念です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あねどきっが終わってしまい非常に残念です。
個人的にはいち100よりも面白かったので、半年ほどで終わってしまい、もうどうにも・・
自分はこのままでは納得がいきません。ので、河下先生に直接手紙を送ってみようと思います。内容は
①あねどきっの続編(何年後かの話)をもし書くとしたらどんな展開をさせるか。
②あねどきっが長く続いていたとしても、最後は今回の最終回のような形で終わらせるつもりだったのか。
③つーか続編書いてお願い。書かないと仕事場行っちゃうy
です。

あねどきっのファンさん))

数年後の話は多分単行本の読み切りで描かれると思いますよ。(予想なのではずれたらすいません)

私もあねどきっが終わってショックだったので火曜日は午前中の授業をサボりました。そのときに「河下先生の次回作を是非またジャンプで」と集英社に手紙を送っときました。

次回作が早く連載されるといいですね

続編希望!

え~~~終了ですかぁ!?もったいない!失礼ながら初恋。よりもずっとずっとわかりやすい設定で好きだったのに~~~。かくなるうえは掲載誌を移動して続編連載、いや不定期でもいいのでぜひぜひ続編を!

ラムネ 様>
>そういえば電車から飛び出した洸太捜すために親父がなつきの携帯に電話してましたが一応引っ越したあとでも電話で洸太がなつきと話すことくらいできるってことなのかな?。
今は便利な通信手段がありますからね。
それより、萩原姉妹も姉から逃れたいなら北海道に引っ越しちゃえばいいのに…

フォルテ 様>
>洸太がケータイをもっていることは最終話で初めて知りました
12話で失踪した奏を探す際に、なつきから渡されていますね。

2010-01-19 の方>
最初から最後までなつきの感情に触れられていないので、
推測するしか手段がないのが心苦しいです。

ルシファー 様>
>と言う締め方を見ると河下先生も御忙しくスケジュール通り中々いかない中、最終話を上手にまとめたなぁ~
他のお仕事も重なっていたのがよくなかったかなぁ、と。

本当は長期的に連載して、なつきの心情の変化を描く予定だったのでしょう。

あは 様>
私もこのような結果になり、大変心苦しいです。

2010-01-20  非表示の方>
まさにその通りだと思います。もう一度読み返してみると、
短期的な評価は高いのですが、長期的な評価でみると???なので。

コメント、記事を書く際に引用させていただいてもよろしいですか?

あねどきっのファン 様>
是非是非、お手紙を出してください。

ただの 様>
単行本4巻についての言及が全くないので、もしかしたら
追記があるかもしれませんね。3巻が最終とは書かれていなかったので…
逆に、ページ数の関係から、3巻完結で追記が入るのは難しいかと思います。

通りすがり 様>
わかりやすさが却ってあだとなってしまったのでしょうか…。
続編、WJで難しい場合には他紙…というのも
選択肢に含まれると思います。

誰か署名活動してください
・・・私はパソコンよくわからないのでお願いします(>_<)
あねどき大好きです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう一回・・・

「あねどきっ」が終わってしまって非常に残念です。

あの最終話は本当にジーンと悲しくなりました。。。

自分も続編でてほしいです!!

河下水希先生にはあと1年くらいは連載してほしかたなぁ~・・・。。。

あの続きマジ読みたい!!もう一回連載お願いしたい!!!!!!!!!

なんか秒速5センチメートルみたいで悲しかったです


あっという間でした

「あねどきっを応援する会」作りましょう!

本当にあっというまでした。
最終話は胸が熱くなりました・・・。
ぜひ、続編が出てほしいと願うばかりです。

何回読んでも感動!!!!!!!

「あねどきっ」の続編希望★

「あねどきっ」終了から一週間…今週のジャンプはやはり淋しいですね。

僕は「あねどきっ」が終わってしまったのが、やはり嫌です。また河下先生の「あねどきっ」の続編が読みたいと願うばかりです!


だって、なつきちゃんが言っていました。

「やりたいことから逃げない大人になれよ」

とても素晴らしいカッコイイセリフです。
現代においては時に大人も子供も周囲との調和を築く為に自分がやりたい事を押し殺して我慢をしないといけない場面は多々あります

だからこそ単純だけれど、「自分がやりたい事をやる」これが大切なのです。
人間は目先の事ばかりを追いがちですが目に見えない事(自分の本能、内心)こそ本当に大切だと思うんです。

今やりたい事をやる。
今しか出来ない事をやる。
僕も河下先生の
「あねどきっ」の続編を実現させる為に色々頑張ってみようと思います。皆様も御一緒に頑張ってみましょう

「あねどきっ」2巻

>管理人さん

「あねどきっ」第2巻、昨日、1巻同様に陳列用ポップスレスレの7冊まとめ買いして来ました。
しかし1巻と違い2巻には陳列用ポップは今回は無く残念でした。

地元の書店での入荷数はザッと見て25冊程度でした。
また今回は打ち切り前の、第1巻と比較すると第2巻はオマケのマンガもオリジナルでは無く「いぬまるだしっ」とのジャンプにも満載されたコラボ物で、これと言った代わり映えも表紙以外は無く残念でした。

アニメ化で思い切り本来、河下先生が書きたかったストーリーで放送して貰うかマンガの続編を是非、描いて欲しい物ですね。

き力

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichigonanchara.blog121.fc2.com/tb.php/203-1fc20122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『あねどきっ』まさかの打ち切り!週刊少年ジャンプから「エロ枠」が消滅へ!

 河下水希先生の「あねどきっ」がまさかの打ち切りになってしまいました…  これで週刊少年ジャンプからいわゆる「エロ枠」が消滅し...

あねどきっ 最終話「この気持ちさえ」の感想

 なつきお姉さん達と一緒に過ごしたこの家での最後の夜を迎えて、洸太がひとつだけ心残りにしているのは他ならぬなつきお姉さんのことでし...

あねどきっ最終話 再びめぐり合う、その日を信じて

最終話”この気持ちさえ”の簡易感想になります。 長女はるきが登場したあたりから雲行きが怪しかったのですが、 その後展開は回復する...

«  | HOME |  »

お知らせとか

『あねどきっ』合同誌

各イベントにて頒布中!

非公式Twitter(@kanna_huha)

ブログ管理人の非公式さえずり

プロフィール

Author:神無文葉月@ただひたすら。
作品に感想・考察を加えているサイト。
(同人活動の参考にするため?)

リンク、TB、どうぞご自由に。
リンクされたサイトに逆リンクを貼ることが
あるかも?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンクのページ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。