スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あねどきっ 第11話 はじまりスターマイン

まずは、表紙を見て「バクマン」の後ろになぜ東城が!と思ってしまった私でしたが、
よくよく見てみると髪を結んだなつきでしたね。
<1ページめ>



メガネといい、ちょっと反則気味です。
---
この表紙の絵、ただの拡大コピーなのかそれともそういう画材を用いているのか、
よくわかりませんが、線が太いです。

純粋な拡大コピーで、ここまで線がきれいに出るものなのか、
少しばかり疑問なので、別の画材(マッキー?)を利用した説も。

ただの拡大コピーにしてはトーンの網点が整いすぎている感も。



---
さて、今回の本編は内容が濃いです。


最初は、ちあきの暴走から。
<2ページめ>


プリンを食べるのがえっちらしいです。

本来意味を持たないフレーズなのに、
なぜか理解できてしまう不思議さ。



この作品は、どこまで読者の頭脳(妄想力)に期待しているのでしょう?



まだ季節は夏のままらしいです。

現実には、もう9月も後半なんですが…

そんなわけで、奏ちゃんを(ダメもとで)花火大会に誘ってみる洸太ですが、

<4ページめ>


全然ダメじゃなかった洸太。
洸太も当然、たとえ草の中森の中でも追いかけないといけないですよね!

※まだポケモン買えてない…
しかも手数料1000円を払ってまで予約購入した弟に、DSliteをぶん取られました…




そして、奏ママは電話の後ろで微笑んでいます。
きっと、やんちゃ娘の成長を祝福しつつ…



一方で、ちあきの一言が、洸太の心に問いかけます。

<5ページめ>



ところが、当の洸太は、恋愛対象とは思っていないみたい?

<6ページめ>


<8ページめ>



まだまだ、洸太には、年上の女性は早いってことかな?
それよりは同い年の奏ちゃんのほうが、
より身近な存在ってことでしょうか。



そして、今回最高の見せ場


<11ページめ>


<12ページめ>



年上のお姉さんが浴衣を着せてくれるというシーン。

やばい、悶え死にそうです。


着替えを手伝うという、お姉さんの母性が表れ、
かつ、日常とはかけ離れた浴衣を着させられるというシーン。

しかも、上半身裸で、それを真正面で見られる。







中学生にとって、それは最高に恥ずかしいながらも、
でも体験してみたい
シーン。


これだけではありません。言葉にできない意味をたくさん持っています
私が言葉にするのもおこがましいほど、
このシーンは深くの意味を含んでいます。



露出させるだけがエロティズムではないのです。



これだけで同人誌1冊描けそうです。



ところで、ここで重要な一言が。

<12ページめ>



萩原家は、落合家同様の放任主義らしいです。



---
今度からは、奏ちゃんのシーンです。


いざ、花火の会場へ。

<14ページめ>



桜井さんの悪女としての表情が怖すぎます…





いつのまにか桜井さんと仲良くなった洸太。
<16ページめ>



<17ページめ>




これも、きっと、突然現れた変なお姉さんのおかげでしょう。


来訪者は、どうにも役に立たないことが多く、ドタバタを巻き起こすだけですが、
結果的には目的は達成され、2人は結ばれるという、
典型的なドラえもんですね。







そして、最後のシーンで、ついに奏ちゃんから…!

<19ページめ>




ちゃんと、中1の恋愛であることが、この絵を見てわかること。
それが、河下先生のすごいところだと思います。


果たして、この告白はうまくいくのか、
うまくいったとして、その後の2人はどういう運命になるのか、
すごく気になるところです。


---

今回は、すごく密度の濃い一話となりました。
おかげで書ききれていないところも多いです。


WJでは、密度が濃くなることと打ち切りには相関関係があると噂されますが、
そういう意味で心配しないといけないのが辛いところです。

実際に、前回の掲載順位はあまりよいものではありませんでした。



これからも、本話のような重みのある話を読み続けたいです。

テーマ:あねどきっ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

今回は内容てんこ盛りでしたね。
今までのお色気路線とはちょっと違う話で新鮮でした

掲載順は今号で下位脱出できたみたいです。

>この表紙の絵、ただの拡大コピーなのかそれともそういう画材を用いているのか、
>よくわかりませんが、線が太いです。

最初見たとき、江口寿史っぽいなとおもた
ジジイのたわごとということで

かがみはら さん〉
なるほどどこかで見たような感じだと思ったら江口寿史でしたか…
最近だとToLOVEるアニメのOPぽいです。

たい 様〉
果たして前回がシャッフルなのか今回がシャッフルなのか…

本話ならアンケートが取れるものと期待したいです。

そういえば…

お久しぶりです。
「To LOVEる -とらぶる- 考察」の冬川です。
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/

そういえば、MIXIには登録されてないんですか?
メールアドレスお教えくだされば、
招待いたしますが…

冬川 様>
お誘いありがとうございます。
こちらからコミュニティを探してみますね。

もしたどりつけなさそうでしたら、
ご招待のほどよろしくお願いします。

私のブログに「非表示コメント」で、
メールアドレスお送りください。

早速招待させていただきますよ。

コメント読ませてもらいました。
そういう事情なら、しょうがないですね。

待たせていただきますので、
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichigonanchara.blog121.fc2.com/tb.php/154-0d16460c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あねどきっ 第11話「はじまりスターマイン」 週刊少年ジャンプ 2009年43号の感想 Part1

扉絵のキャラクターは一瞬誰なのかと思ったけど、ナツキちゃんですか。髪型が変わってイメージもチェンジ。なかなか可愛いので本編でもこういうイメチェンはたまにはやってほしいですね。

あねどきっ 第11話「はじまりスターマイン」の感想

 なつきの妹のちあきとも一緒に暮らし始めたわけですが、背中合わせで寝たり、家事ができなかったり、ずぶ濡れですけすけだったり。さらに...

第11話 はじまりスターマイン

学習せずまた発売日ずれ忘れてた上に、この連休で済ませよとする家の仕事が重なってぐだぐだですはい…… 今回の扉絵は、 めがねを装備し...

今週の週刊少年ジャンプ@あねどきっ #11 「はじまりスターマイン」

夢みたいだ・・・最近出番の少なかった桜井奏ちゃんが今、 俺の隣で笑ってる―――溢れ出す俺の想い。どうなる!? 「桜井奏限定(リミテッド)」、「かなどきっ」回再び!!第1話の時は高飛車なお嬢様キャラかと思わせる娘だったのが洸太の男気に 触れてからというもの、

あねどきっ 第11話 ”はじまりスターマイン”の簡易感想

メガネをかけたなつき姉さんが”東城”に見えてしまった今回の扉表紙、 そして、本篇のラストシーンはあの名場面を思いださせてくれました。...

あねどきっ 第11話「はじまりスターマイン」…想いを告げる時。

週刊少年ジャンプ2009年43号より。 微妙にズレた眼鏡がマニアックな扉絵の今回。ちあきは前回から解るように明らかな「えっちなのはいけない...

あねどきっ 第11話 「はじまりスターマイン」

あねどきっ はじまったな。 久しぶりに奏ちゃんメイン(後半だけ)、お祭りデートですよ~。 扉絵のお姉ちゃん。どっかでみたことあるね。 ...

«  | HOME |  »

お知らせとか

『あねどきっ』合同誌

各イベントにて頒布中!

非公式Twitter(@kanna_huha)

ブログ管理人の非公式さえずり

プロフィール

神無文葉月@ただひたすら。

Author:神無文葉月@ただひたすら。
作品に感想・考察を加えているサイト。
(同人活動の参考にするため?)

リンク、TB、どうぞご自由に。
リンクされたサイトに逆リンクを貼ることが
あるかも?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンクのページ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。